トピックス

頼られる存在に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頼りになる人には共通して5つの特徴があるようです。

 

 

その1 責任感がある

 

自分が任されたことや携わったことは最後までしっかりやり抜こうという意識が高く、ちゃんとその通りに実行します。

逆に、頼りにならない人は責任感に乏しくいい加減なところがあり、一旦引き受けたにも関わらず出来ないことも多く、挙句の果てに言い訳をしたり責任転嫁をしたりします。そんなことを繰り返していては他人から頼りにされなくなるのは当然ですね。

頼りになる人は日々の行動で信頼を積み上げていった人なのです。

 

 

その2 フットワークが軽い

 

多くの人から頼りにされているため常に忙しい人なのですが、それでも段取り良く沢山の仕事をこなしていきます。何事もタイミングを逃すと上手くいかなくなる事を知っているのです。

逆に頼りにならない人は口先だけでなかなか動かないことがよくあります。調子いいことをいって引き受けるのですが、ぐずぐずしていて仕事が遅い。

他人から信頼を得るには、フットワークが軽くて仕事が早いことも需要奈要素です。

 

その3 親身になってくれる

 

困ったときに助けを求めると親身になってお世話をしてくれるのも、頼りになる人の特徴です。どうしていいか分からないピンチのとき、手に負えない難問に直面しているとき、まるで自分のことのように対応してくれる態度は、相手に安心感を与えます。多くの人から頼りにされるのは、こういう態度があるからです。

頼りになる人は、相手のために何とかしてあげたいという意識を強く持っているのです。

 

その4 経験が豊富でいろいろ知っている

 

頼りにされるためには、やはり実務能力に長けていることも欠かせません。期待に応えられるよう、ちゃんと結果を出せる実務尿力は必須項目。それが高いか低いかは、もともと持っている素質や適性による部分も大きいですが、すべてに対応出来る必要はなく、自分の得意分野を伸ばしていくことも大切です。

経験をつむことでスキルや知識が深まり、さまざまなケースに対応出来るようになっていきます。

 

その5 自分の限界を知っている

 

いくら頼りになるといっても、人間ですから出来ること・出来ないことがあります。頼りになる人はそれをよく知っていて、自分が出来ないことを安請け合いすることはありません。何でもかんでも引き受けてしまうことが帰って迷惑をかけるかもしれないと分かっているのです。自分の限界を知っていて、引き受けるべきかどうかをしっかり判断できるのも、頼りになる人の特徴だと言えるでしょう。ただし、自分が出来ないからといってむげに断ることはしません。解決の方向性を示すアドバイスをしたり、自分のネットワークの中で適任者がいれば紹介したりします。

 

 

 

仕事でもプライベートでも

頼りになる男性になれるように

今日から意識を変えてみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい人向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ