トピックス

心理学で考え方を変えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドラー心理学の特徴は、
「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、
フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。

たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」
と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、
アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、
子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。

つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、
いまの「目的」に沿って生きている。

こうしてトラウマを否定するアドラーは、
人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、
過去にどんなつらいことがあったとしても、
これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。

人は変われないのではなく、
ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。

いま幸せを実感できない人に足りないのは、
能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。
変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだ。

そのシンプルにして深淵な思想は「勇気の心理学」とも呼ばれる。
ちなみに「劣等感」という言葉を、
今日われわれが使うような意味で最初に用いたのはアドラーである。

☆ ☆ ☆

どうですか?

興味持たれた方は是非色々な著書がありますので、
是非読んでみて下さい。
自分の考え方や行動が変わると思いますよ!!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ