トピックス

仕事のやりがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは今のお仕事に

「毎日同じことの繰り返しばかりで仕事がつまらない、やりがいが欲しい」といった不満・悩みを抱えてはいませんか。

自身のやっていることが組織や社会にとって重要なこと(必要なこと)と理解していても、平凡な毎日が続くことでどこか「つまらなさ」を感じてしまう人は多くいます。

しかし、そもそも「やりがい」とは一体何なのでしょうか。

今日は、そんな「やりがい」を感じるポイントをご紹介。

 

仕事のやりがいとは

やりがいとは、物事に対する充足感・手応え・張り合いを意味します。

「やりがい」とは、ある物事とあなたのスキル・能力がほぼ同じレベルであることを前提に、

かけた労力に対して期待する結果が返ってくることで初めて感じることができるものです。

 

やりがいをン感じるポイト

「やりがい」を感じる仕組みを仕事に当てはめてみると、以下のような点が重要になります。

・仕事を楽しいと感じられる範囲で、業務内容に充足感が得られるか
・自分が行った仕事に対して、それ相応の成果・結果が返ってくるか

 

報酬におけるやりがいを感じるポイント

仕事に対して得る報酬は「やりがい」に大きく影響します。この報酬はお金だけでなく、感謝の気持ちなども含まれ、具体的には以下のようなものがあります。

・仕事に見合った収入をもらっている
・成果に応じて給与アップが見込める
・プライベートと仕事のバランスが取れている
・同僚やクライアントから感謝してもらえる
・誰かの役に立っているという感覚を得られる

 

評価におけるやりがいを感じるポイント

仕事を行うことでよい評価を得ることができれば、それは「やりがい」という感情に繋がります。評価には以下のようなものがあります。

・適切に昇進昇格できる
・上司などから適切なフィードバックが受けられる
・上司やクライアントから信頼される
・同僚と相互に信頼関係ができている

 

将来性におけるやりがいを感じるポイント

将来に対してポジティブに考えられるかどうかもポイントの一つです。具体的には以下のようなものがあります。

・会社の理念やビジョンに共感している
・チーム目標、自己目標があり、それを達成したいと思っている
・仕事の成果が社会に貢献している実感がある

 

やりがいを感じられないとき

今の仕事にやりがいを感じられない時は、

きっと、上にあげたどれか又は全部に何かしらの不満を感じているから

かもしれません。

一度、自分の仕事と自分のスキル、自分の気持ちを棚卸ししてみましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ