トピックス

コミュニケーションは大事です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近コミュニケーション力って大事だなと思う瞬間があります

長くつき合っているのに、いつまでたっても表面的なやりとりに終始する人がいます。

一方で、知り合って間もないのに、気がついたら「深い話をする間柄になっている」場合もあります。

その違いはどこからくるのでしょうか。

もちろん相性の良し悪しとか、考え方・価値観が似ている、といったこともあるでしょう。でも一番大きいのは、それぞれの話の内容が互いの知的好奇心を刺激し合えるかどうか、だと思います。

たとえば「話題の映画」について会話するとします。浅いコミュニケーションはこんな感じ。

「あの映画、見ましたか?」

「見ましたよ」

「おもしろかったですか?」

「はい」

「どこが?」

「いや、どこがって……全部ですよ」

「そうですか」

話がまったく膨らまないのです。こちらの質問に対する答えがあまりにも単純で、次の質問に行き詰まってしまうからです。

ひとこと、ふたことでいい。映画について尋ねられた人がもし、印象に残ったシーンの話や、監督が創る世界観、出演俳優の力量、原作との違いなどについて話をしたら、質問が自然と深くなります。当然、答える側の思考も深くなります。互いが頭を回転させて言葉のやりとりをすることで、実り多い時間になると言ってもいいでしょう。

つまりコミュニケーションの浅い・深いを決めるポイントは、「教養をバックボーンにしたおもしろい話をできるかどうか」。

だからこそ本を読むことが大切。教養を育むのに読書ほど適した“トレーニング・ツール”はないのです。

ただし教養とは、雑学や豆知識のようなものとは異なります。

単なる「物知り」が教養のある人ではありません。自分のなかに取り込んだ知識・情報が血肉となって、自身の人格や仕事、人生にまで生きている。そういう人が教養のある人です。

本を読むことで知識を深め、思考を深め、人格を深め、さらに「深いコミュニケーションのできる人」になりたいですね

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい人向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ